リピーターにする方法について

>

最高の素材を使用する事も大切です

常連さんも心地よく過ごせるお店作りをする

飲食店を例に取ってまとめてみたいと思います。
一見客をリピーターにする為には、どちらも快適に過ごせるお店作りをする事も大切だと思います。
常連さんが多くいるお店は活気がありますし、楽しそうに見えます。

特に、店員さんとの会話は常連さんにとって普通の事になります。
一見客がいる場合でもお構いなしに話すと思います。
会話の流れでその場にいた一見客に話しを振って会話や場を盛り上げる事もあります。

ですが、注意して欲しいのが、全ての一見客が会話を好むわけではないと言う事です。
たまたま偶然にそのお店に入っただけの一見客にとって、一人の時間をこわされてしまうわけですから、一人が好きそうな雰囲気を出している一見客とそうでない一見客を見分けるブース作りも重要だと思います。

一見客をリピーターにする為のポイント

一見客をリピーターする為には、いくつかのポイントに気を付けるだけでリピーターに繋がるそうです。
それは、前の記事でも紹介したように、丁寧な接客も重要になりますが、一番は顔を覚えてあげる事です。
特に、夜営業している飲食店なんかは、一見客の顔の特徴を覚えて記憶しておくそうです。

そして、同伴者がいてたまたま再来店した時に備えて、顔と名前を覚えておくみたいです。
特別なスキルを必要としないので、ただ一見客の顔や特徴を細かく書き留めておくだけで多くがリピーターになっていくそうです。
それから、必ず帰りは見送りをしたり、名刺を貰ったりする事で、お礼のメールや手紙を出す事でも再度お店に来たいと言う気持ちを大きくさせるようです。


この記事をシェアする